Top >  車両保険と自動車保険 >  自動車保険と車両保険の関係

自動車保険と車両保険の関係




自動車保険に車両保険を付帯すると、保険料がとても高くなってしまうことがあります。
でも、必ず高くなるというわけではありません。
ひょっとすると、払いすぎて損をしている方もいるかもしれません。


保険料は車種や等級によって違ってくるのです。
車種ごとに料率クラスというものが決まっているので、
高級車であればあるほど車両保険金額も高くなります。
すると結果として保険料が高くなるというわけです。


また、過去に事故を起こさないでいると「等級」が高くなります。
するとそのぶん保険料の割引があるので、保険料が安くなります。


車両保険は、事故などで被害をうけた自分の自動車を守る保険です。
事故にあう確率や車の修理費用などを考慮して、車両保険が必要かどうかを検討するとよいでしょう。


ケースバイケースで保険料はいろいろと変化します。

・車を何台も持っている場合
メインで運転するのが一台ならば、その自動車にだけ車両保険をつけておけば、かなり安くおさえられます。

・仕事で使っている車の場合
「走れなくなったら必ず修理が必要になる」という自動車も、車両保険の加入が必要かもしれませんね。

・高級車の場合
フェラーリやポルシェといった車は、車両価格が500万円を超える高級車です。
高級車の場合は、ちょっとした損害を直すのにも予想以上に高額の費用がかかる場合が多いので、
ぜひとも車両保険に入っておくことをお勧めします。




「車両保険と自動車保険」 カテゴリー内記事一覧



自動車保険に加入する時に、車両保険には入るべき? | 自動車保険と車両保険の関係 | 自動車保険と車両保険の関係 |