Top >  車両保険と自動車保険 >  自動車保険に加入する時に、車両保険には入るべき?

自動車保険に加入する時に、車両保険には入るべき?





自動車を買ったときに悩むのが自動車保険をどうするかといった点ですよね。
場合によっては車種よりも悩んでしまうかもしれません。
今回は、車両保険について見ていきたいと思います。


「車両保険」とは、契約しているクルマが、偶然の事故によって損害を受けた場合に、
修理代などが支払われる保険です。


たとえば、

「交差点で出会い頭の衝突。こちらにも過失があるので、
 自分のクルマの修理代を50万円くらい払わないといけないらしい……」

「せっかくの新車なのに、駐車場で当て逃げされてしまった。修理代にかなりかかりそう……」

「ガードレールに突っ込んで、クルマが大破してしまった」

「自宅の駐車場から愛車が盗まれてしまった、どうしよう!」


このような被害による損害をカバーしてくれるのです。
つまり、対人や対物保険は他人のための賠償保険ですが、
車両保険は自分のクルマのための保険というわけです。


保険金額は、契約するクルマの年式や種類の「時価」をもとに決められます。
たとえば、50万円の値打ちしかないクルマに、300万円の保険をかけたり、
500万円のクルマに100万円の保険をかけようと思ってもそれは基本的に無理なのです。
あなたのクルマの保険金額は、保険会社のほうで、
最新の「時価」データにしたがって決めてくれます。


もちろん、価格や事故率の高いクルマほど、保険料も高くなります。
なお、最近は、「お酒を一滴でも飲んでいたら車両保険を支払わない」という判断をする
保険会社が増えています。
あたりまえのことですが、せっかくの車両保険を自分で無効にしないよう、
十分に注意してください。


保険料は少々高くなりますが、万一のことを考えれば車両保険に入っていたほうが安心ですね。




「車両保険と自動車保険」 カテゴリー内記事一覧



自動車保険に加入する時に、車両保険には入るべき? | 自動車保険と車両保険の関係 | 自動車保険と車両保険の関係 |