Top >  車両保険と自動車保険 >  自動車保険と車両保険の関係

自動車保険と車両保険の関係




自動車保険は任意の保険で、主に対物や対人の場合の保険が多いのですが、
車両保険は、自分の車が事故で損害を受けた場合に、
車の修理代を保証してくれる保険なのです。
事故だけに限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けたときにも支払われ、
通常、装備品なども補償の対象となります。


対物や対人の保険に加入していても、車両保険に加入していないと自分の車の損害は補償されません。
また一口に車両保険といっても、その中にはいろいろな種類のものがあり、
事故の仕方によっては、せっかく車両保険に加入していても保険が降りない場合があります。


車両保険には複数の種類があります。

・一般車両保険
・エコノミー+限定A
・エコノミー


一般車両保険は、自損事故や当て逃げといった事故までカバーしてくれるという
守備範囲の広い万能保険です。
しかし、そのぶん保険料が高くなりますので、
経済的にゆとりのある方以外は支払いに苦労するかもしれません。


エコノミー+限定Aの場合は、一般車両保険とは違い自損事故などを起こしても保険金が貰えませんが、
その代わり保険料が安いという特徴があります。


エコノミーの場合は、他車との事故しか保険金が下りないのですが、
その代わりに保険料が非常に安いので、経済的にゆとりが無い方でも加入する事ができます。


詳しい事は、保険会社に問い合わせてください。




「車両保険と自動車保険」 カテゴリー内記事一覧



自動車保険に加入する時に、車両保険には入るべき? | 自動車保険と車両保険の関係 | 自動車保険と車両保険の関係 |