Top >  車両保険は必要か? >  自動車保険に車両保険は必要か?

自動車保険に車両保険は必要か?





自動車保険に加入する時に悩むのがなんと言っても車両保険に入るか否かといったことですよね。
車両保険に入りたいのは山々だけど、保険料が高くなるし…、
と躊躇されている方も少なくないかもしれません。
今回は、車両保険は必要かどうかを考えたいと思います。


自動車保険にはどの位の人が加入しているものなのでしょうか?
任意自動車保険の普及率を見てみましょう。
まずは対人・対物賠償保険、搭乗者傷害保険から(平成17年3月末)。

対人賠償保険71.0%
対物賠償保険70.8%
搭乗者傷害保険59.6%

だいたい6割から7割といったところですが、
この数字が高いか低いかはともかくとしてまずはこれを頭にいれてください。
それでは車両保険の普及率はどの位なのでしょうか?

車両保険36.6%

以上のように対人・対物賠償と比べると約半分程度の普及率にとどまっています。
一概に保険加入率の低さの原因はわかりませんが、
やはり、保険料の高さがネックとなっている可能性はあります。


それでは車両保険が役に立つ理由とはなんなのでしょうか?
自分でぶつけたらしょうがないと考えている人も多いと思いますが、
最も面倒でややこしいのが相手のいる事故でもめた場合です。
こんな時にもし車両保険に入っていない場合は、
こちらの責任となった時には当然自腹で請求額を払わねばなりません。
車両保険に入っていれば保険料が下りるので問題ないというわけです。


やはり、保険料が少々高くても、車両保険に入る価値は高いのではないでしょうか?




「車両保険は必要か?」 カテゴリー内記事一覧



車両保険って必要なの? | 車両保険の必要性とは? | 自動車保険に車両保険は必要か? |