Top >  車両保険は必要か? >  車両保険の必要性とは?

車両保険の必要性とは?




車を購入する時に必須といってもいいのが自動車保険への加入ですが、
車両保険は保険料が高いという理由で、加入率が今ひとつのようです。
本当に車両保険に入らなくて大丈夫なのでしょうか?
今回は、車両保険の必要性についてご紹介します。


車両保険は示談交渉で威力を発揮する場合があります。
自分が直進していたところ、一時停止違反の自動車と事故を起こした、
自分の過失30:70相手の過失の事故の例を挙げます。


幸い双方にケガはなく物損事故となりました。
自分の自動車の損害額は100万円。
過失相殺の結果、相手から得られる賠償金額は70万円、
自分が負担する金額が30万円となります。


一時停止違反をした自動車がぶつかってきたのに、
何で自分でも30万円も負担をしなければならないのか、
という感情的なしこりもあり、示談交渉がもめてしまいました。


このとき、車両保険に入っていれば、少なくとも金銭的な30万円の
補償は車両保険から受けることが出来ます。
感情的なしこりはともかく、金銭的には負担をしなくて済みます。
(免0特約をつけている場合のみ)


それでも翌年以降の保険料が上がりますが、
等級割引が進んでいれば上がる保険料はわずかで、
等級プロテクト特約が付いていれば保険料が上がる心配もありません。


やはり、保険料は高くなってしまいますが、
万一のことを考えれば、なるべく車両保険に加入しておきたいところですね。




「車両保険は必要か?」 カテゴリー内記事一覧



車両保険って必要なの? | 車両保険の必要性とは? | 自動車保険に車両保険は必要か? |