Top >  車両保険の基礎知識 >  車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。

車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。





車両保険を悪用する詐欺行為がありますので、注意して下さい。
詐欺の手口としては、虚偽の申請をして、車両保険から修理費を騙し取ろうとするものです。


最近だと、こんな詐欺事件がありましたね。
つい魔が差して、誰でもやってしまいそうな内容なので、よ~く読んでみて下さい。


Responseに掲載されていた記事です。


(引用ここから)


軽い気持ちで保険金を騙し取る…巡査が停職処分に


埼玉県警は2日、損害保険会社に虚偽の申告を行い
クルマの修理費を騙し取っていたとして、
大宮署・地域課に所属する巡査を詐欺容疑で書類送検するとともに、
同日付で停職1カ月の懲戒処分を命じた。
巡査はこれを受け、依願退職している。


埼玉県警・監察官室によると、2日付けで停職1カ月の懲戒処分を命じられ、
また同日付で依願退職したのは、大宮署・地域課に所属し、
退職時点では同署預かりとなっていた43歳の巡査。


監察官室の調べによると、この巡査は昨年8月13日に自己所有のクルマを家族が運転中、
誤って後部ドアをぶつけて破損した。
しかし、巡査は車両保険に入っていなかったために修理することが出来なかった。


巡査は保険が更新された9月27日の時点で車両保険にも加入したが、
この直後の10月12日には自分で運転をミスし、左前部を自宅車庫の柱にぶつけて破損させた。


巡査は保険会社に対して保険金の請求を行ったが、
この際に8月に破損した後部ドアの分も一緒に見積もりを取り、
この部分の修理費として16万6793円を合わせて請求した。


保険金は12月3日に支払われたが、このことを巡査が同僚に話したことで事件が発覚。
同僚から「それは詐欺だ」と指摘を受け、巡査が上司に相談していた。


取り調べに対して巡査は「修理代を払うのが嫌でやってしまった」と、容疑を大筋で認めた。


巡査は保険金を返還する措置を取ったが、監察官室では「処分相当」と最終的に判断。
今月1日付けで行われる予定だった巡査の異動を凍結し、
大宮署預かりとしたまま処分を実施している。


(引用ここまで)


といった事件の概要です。


・・・あまり悪質でないような気がするのは私だけでしょうか?
「どうせ車両保険を使うなら、ココも治した方が得だろ」って、思ってしまいます。
車両保険に入っていると、保険料、高くなるわけですし。
ここぞとばかりになるべく取り返したくなるのは、人の常かと・・・。


ただ、道徳的にも法律的にも、
これが車両保険を悪用した詐欺にあたるという事実は間違いないわけですし、
上記のようなヤマシイ?気持ちにクギを刺す意味でも、
この詐欺事件の記事のことを、頭に入れておいてほしいと思います。


それにしても・・・この巡査、マジメですよね。
同僚に話すだけならともかく、クソ真面目に上司にまで相談してますしね・・・。
ここまで生真面目なら、車両保険の詐欺なんてしない気もしますが、
こういう人でもつい車両保険を悪用してしまうという、貴重な教訓ですね。


車両保険で虚偽の申請をすると詐欺扱いになってしまうので、
皆さんくれぐれも気をつけましょうね!




「車両保険の基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の概要 | 車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。 | 車両保険に関連する自動車保険車両標準価格表とは? | 単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険 | 車両保険をはじめとした保険金の支払漏れ、調査方法は? | 車両保険とは? | 車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの? | 車両保険の加入率は? | 車両保険だけでなく、裁判に強い弁護士費用特約の検討を | オールラウンドな特徴を持つ「一般車両保険」とは? | 車両保険の「事故付随費用担保特約」や「自動付帯」って? | 車を買うときにかける車両保険とは? | 車両保険の契約をする時は、約款をチェック | 車両保険を使う時の注意点 |