Top >  車両保険の基礎知識 >  車両保険の概要

車両保険の概要




自動車保険に入るときは、車両保険加入も検討する必要があります。
今回は、車両保険の概要についてご紹介します。


「車両保険」とは、偶然おきた事故によって自分の自動車が損害を被ったときに
保険金が支払われる保険です。
保険金が支払われるのは、衝突・接触・追突・モノの飛来・火災・爆発・盗難・台風・洪水・高潮
といった偶然の事故。
ただし、車両保険にもいくつかのタイプがあり、それにより補償される範囲が異なっています。


まず「一般の車両保険」では、上記の偶然な事故のうち、
電信柱に衝突するなどの単独事故や、当て逃げなどで相手がわからない事故も
保険金の支払い対象となり、補償範囲が広くなっています。一方、
「車対車+A」では単独事故や相手方の分からない事故は補償されません。
このように両者は補償範囲が異なりますから、負担する保険料も当然変わってくることになります。


なお、車両保険の保険金額は、装飾品などを除くオプションなども含めた自動車の
“時価”で設定します。時価ですから、購入したときはその価額であっても、
年々その価額が低下することになる点は知っておきましょう。


なお、当然のことながら、契約者や被保険者などが無免許運転や
酒酔い運転などで起こした損害では保険金が支払われません。
また、タイヤがパンクした場合や電気的・機械的な故障などは保険金の支払い対象外です。


保険料は高くなってしまいますが、万一のことを考えれば
車両保険に加入しておいたほうが安心ですね。




「車両保険の基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の概要 | 車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。 | 車両保険に関連する自動車保険車両標準価格表とは? | 単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険 | 車両保険をはじめとした保険金の支払漏れ、調査方法は? | 車両保険とは? | 車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの? | 車両保険の加入率は? | 車両保険だけでなく、裁判に強い弁護士費用特約の検討を | オールラウンドな特徴を持つ「一般車両保険」とは? | 車両保険の「事故付随費用担保特約」や「自動付帯」って? | 車を買うときにかける車両保険とは? | 車両保険の契約をする時は、約款をチェック | 車両保険を使う時の注意点 |