Top >  車両保険の基礎知識 >  車両保険を使う時の注意点

車両保険を使う時の注意点




自分の愛車に万一の事態が起こったら、車両保険を使って保険料が受け取れるわけですが、
ちょっと待ってください。
実は、車両保険を使わずに、自腹で修理したほうがお得になる場合もあるんです。
それはどんな時でしょうか?
今回は、車両保険を使う時の注意点についてご紹介します。


All Aboutの記事に詳しい事が載っています。

(引用ここから)

幸いにして事故による損害が思いのほか小さかった場合、
なんとなく保険を使ってしまうと次回の更改時に「シマッタ!」ということになりかねません。
このようなことの無いように、まずは「ノンフリート等級別料率制度」という
自動車保険の保険料割増引の仕組みについてしっかり押さえておきましょう。

制度の仕組みについてお話する前に、まずは「ノンフリート」とは何かについてご説明します。
自動車保険の用語では、所有・使用する自動車が9台以下の契約者のことを
「ノンフリート契約者」といい、一般の人がマイカーの保険に入る場合、
通常はこちらになります。
一方、10台以上の自動車を使用・所有する契約者のことを「フリート契約者」といい、
それぞれ異なった体系の割増や割引が適用されます。

ノンフリート契約では、1等級から20等級までの等級にそれぞれ所定の割増率または
割引率が割り当てられており、新規に自動車保険に入る場合には6等級が適用されて
スタートすることになります。
(一定の条件により2台目の自動車については7等級からスタートすることがあります。)

そして、この等級は原則として1年間事故が無ければ次年度の契約で現在の等級に+1等級、
また事故により保険金を請求した場合には-3等級の等級が適用されます。
例えば6等級で1年間事故が無ければ次年度は7等級、事故があったら3等級といった具合です。

一部の例外を除いては、等級が上がるほど保険料が安くなる仕組みになっていますので、
やはり「保険料を抑えるためには事故を起こさない」というのが一番のポイントとなります。

(引用ここまで)


といったわけです。
車両保険を使う時は、等級の上下に気を配ってお得に使いましょう。




「車両保険の基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の概要 | 車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。 | 車両保険に関連する自動車保険車両標準価格表とは? | 単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険 | 車両保険をはじめとした保険金の支払漏れ、調査方法は? | 車両保険とは? | 車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの? | 車両保険の加入率は? | 車両保険だけでなく、裁判に強い弁護士費用特約の検討を | オールラウンドな特徴を持つ「一般車両保険」とは? | 車両保険の「事故付随費用担保特約」や「自動付帯」って? | 車を買うときにかける車両保険とは? | 車両保険の契約をする時は、約款をチェック | 車両保険を使う時の注意点 |