Top >  車両保険の基礎知識 >  車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの?

車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの?




車を買ったときに必須ともいえるのが自動車保険への加入ですが、
車両保険は保険料が高いという理由で、加入率があまり高くないようです。
しかし、車両保険に入っていないときに、車の修理代はいくらぐらいかかるものなのでしょうか?


実は、車の修理代はかなり高いんです。
たとえば、フェラーリを運転中、赤信号で停止している前方車両に追突したとしましょう。
停止していた自動車に追突したとき、相手には全く過失がありません。
自分の修理費用を全額負担することになります。


軽く追突したように見えても、外車の場合は国産車と比べて予想以上に修理費用が高くなります。
国産車ならバンパー交換でも5から10万円といったところでしょうが、
外車の場合はその倍以上(場合によっては簡単な修理でも100万円くらい)
かかってしまうことも少なくありません。


予期せぬ事故を起こすたびに、高額の支払いばかりできるものでありません。
年収何億という方ならそうでもないかもしれないけれど、一般的にはかなり痛いですよね。
でも、車両保険に入っていれば、事故を起こしたときにお金がもらえます。
保険料はかかるものの、万一に備えて保険に入っておけば安心というわけです。




「車両保険の基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の概要 | 車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。 | 車両保険に関連する自動車保険車両標準価格表とは? | 単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険 | 車両保険をはじめとした保険金の支払漏れ、調査方法は? | 車両保険とは? | 車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの? | 車両保険の加入率は? | 車両保険だけでなく、裁判に強い弁護士費用特約の検討を | オールラウンドな特徴を持つ「一般車両保険」とは? | 車両保険の「事故付随費用担保特約」や「自動付帯」って? | 車を買うときにかける車両保険とは? | 車両保険の契約をする時は、約款をチェック | 車両保険を使う時の注意点 |