Top >  車両保険の基礎知識 >  単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険

単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険




自動車保険にはいろいろな種類がありますが、
自分の車自体にかける保険が車両保険です。
単独事故を起こして時なども、保険料を受け取れます。
今回は、車両保険の概要についてご紹介します。


車両保険とは、自分の自動車と自分をまもるための保険です。
単独事故を起こしてしまった場合、
他人の車を巻き込んでしまった場合、また災害による被害もカバーできます。


ただし保険金額は自動車の車種や年式に応じて、あらかじめ保険会社が設定します。
そのため100万円の価値しかない自動車に500万円の保険金をかけることはできません。
その分、補償範囲や保険内容は自分で検討、選択するこができます。


車両保険には保険会社によっていくつかの種類があります。
そしてそれぞれ補償の内容が違います。
保険の担当者に説明をきちんと聞いておかないとあとになって
「保険金が払われない」ということもあります。


車両保険の中で一番補償があつい保険として「一般車両保険」を
多くの保険会社が同じ名前で取り扱っています。
火災や盗難、他人の自動車との接触、自損事故なども補償範囲に含まれるため、
この保険に入っておけばまず安心です。保険料が高いことをのぞけば完璧な保険といえます。


「一般車両保険」の他に、補償範囲を限定し安い保険料で加入できる
「車対車+A」や「エコノミー」といった車両保険があります。
「一般車両保険」以外の車両保険に加入する場合には、
補償されない内容をまず保険担当者に確認しておくといいと思います。


それぞれの特徴を把握し、自分にあった保険に加入するといいでしょう。




「車両保険の基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の概要 | 車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。 | 車両保険に関連する自動車保険車両標準価格表とは? | 単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険 | 車両保険をはじめとした保険金の支払漏れ、調査方法は? | 車両保険とは? | 車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの? | 車両保険の加入率は? | 車両保険だけでなく、裁判に強い弁護士費用特約の検討を | オールラウンドな特徴を持つ「一般車両保険」とは? | 車両保険の「事故付随費用担保特約」や「自動付帯」って? | 車を買うときにかける車両保険とは? | 車両保険の契約をする時は、約款をチェック | 車両保険を使う時の注意点 |