Top >  車両保険の基礎知識 >  車両保険とは?

車両保険とは?





車両保険とはどのようなものなのでしょうか?
今回は車両保険の概要についてご紹介します。


車両保険とは、契約している車に対する保険であり、
車を壊した場合や災害に遭った場合などにこの保険を契約していれば
保険金が支払われるというものです。


一般的に車両保険には2通りのタイプがあり、
故意に車両を傷つけた場合以外のほとんどの車両災害を補償する一般車両保険と、
保険金が支払われる場合の条件を付ける限定車両保険とがあります。


後者はエコノミー保険とも呼ばれているもので、
限定条件をつけることにより保険料が安くなるのが特徴です。


車両保険は契約する車両ごとに毎年定められる料率を元に計算され、
補償額の上限は契約時点での車両評価価格を元に算出されます。


それぞれに定められる料率は、事故率の統計はもちろんのこと、
車両型式、初度登録年、純正オプションなどを参考に、
あらかじめ保険会社が決めた車両価格表(各社共通)に基づき、
車両価額(車両の価値に対する値段)が決められています。


つまり新車時300万円の車でも、現時点での査定額が150万円しか無い場合は、
その金額が補償額の上限になるというわけなのです。


愛車に万一の事故があったときでも、車両保険に入っておけば、
保険料が支払われるので安心というわけですね。




「車両保険の基礎知識」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の概要 | 車両保険で、虚偽の申請をすると詐欺になります。 | 車両保険に関連する自動車保険車両標準価格表とは? | 単独事故を起こしても保険料がおりる車両保険 | 車両保険をはじめとした保険金の支払漏れ、調査方法は? | 車両保険とは? | 車両保険に入っていないと、車の修理にいくらぐらいかかるの? | 車両保険の加入率は? | 車両保険だけでなく、裁判に強い弁護士費用特約の検討を | オールラウンドな特徴を持つ「一般車両保険」とは? | 車両保険の「事故付随費用担保特約」や「自動付帯」って? | 車を買うときにかける車両保険とは? | 車両保険の契約をする時は、約款をチェック | 車両保険を使う時の注意点 |