Top >  車両保険は任意保険 >  自賠責に入っていれば、自動車保険や車両保険は不要?

自賠責に入っていれば、自動車保険や車両保険は不要?





自動車を買ったら車両保険などの保険に入る事になります。
強制的に加入する事になる自賠責保険と、任意で加入できる任意保険がありますよね。
さて、強制加入になる自賠責保険に入っておけば、任意保険には入らなくて大丈夫なのでしょうか?
今回は、そういった点を見ていきたいと思います。


自賠責は、正式には「自動車損害賠償責任保険」と呼ばれ、
交通事故の被害者が最低限の補償を受けれるようにするため、
加入が義務付けられています。
自賠責は別名、強制保険とも呼ばれる所以はここにあります。
自賠責に入らないと勿論車検は通りません。
自賠責なしで運転した場合には、6ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。
しかし、支払い対象は事故で被害を受けたドライバー以外の人であり、
事故を起こしたドライバー自身には支払われません。
また、自賠責は「人」に対する保険ですので、物損などに関しては補償はありません。


しかし、自賠責の補償には限度があります。
特に、物損に関する補償はありませんし、人に対する補償も決して十分とは言えません。
その不足部分を補うのが任意保険です。
任意保険にはいくつかの種類があり、その契約内容により補償の範囲や限度額などに違いがあります。
対人対物は無制限は無制限にしておくことをおすすめします。
また、重要になってくるのが車両です。
できればというより、極力入ってください。
また、単に入ればよいというわけでは言うわけでもありません。
料金の安いエコノミーだと保障内容は最小限となりますので
7種類(「他車との衝突・追突・接触」、「台風・洪水・高潮」、「盗難」、
「落書き」、「火災・爆発」、「当て逃げ」、
「自損事故」)の保障のついた、「エコノミー+A特約」
もしくは「一般車両」に入っておく必要があります。
自然災害が多かった2004年や最近の治安の悪化などからも加入は必須です。
また、センターオーバーをしてきた車をよけたことによる
自損事故の際に相手に逃げられた場合など、
入っておけばよかったと言われるケースは後をたちません。


やはり、自賠責だけでなく、任意保険には加入しておくべきですね。




「車両保険は任意保険」 カテゴリー内記事一覧



任意保険や、車両保険について | 任意保険や車両保険について | 車両保険やバイク保険について | 任意保険や車両保険について | 自賠責に入っていれば、自動車保険や車両保険は不要? | 自動車保険や車両保険は任意保険 |