Top >  車両保険の「料率」 >  車両保険で、重要な車両料率クラスとは?

車両保険で、重要な車両料率クラスとは?





車両保険といえば、保険料の高さがネックとなって、
いまひとつ保険加入率が低いのですが、
車両保険の保険料は、車両料率クラスで大きく増減することをご存知でしたか?
今回は、車両料率クラスなどについてご紹介します。


「車両料率クラス」というのは、各車やグレードによって、
事故率や修理代金などを考慮して、車両保険を掛ける場合に、
基本的なクラス分けがなされているということです。


その車両料率クラスは1~9まであり、スポーツカーや高額な輸入車は、
もっとも料率が高い8や9クラスに入れられているのが現状のようです。


つまり、スポーツカーや高額な輸入車は、自動車保険の保険料が、高いということになります。
盗難や、事故が多い車種も、当然高いクラスに入れられています。
車両料率クラスの高い車の場合、車両保険をつけられないことも多くなっているので、
注意が必要と思います。


車両保険は、任意の自動車保険の一種です。
この車両保険は、自動車の衝突事故だけではなく、
火災・台風・洪水などの自然災害や、爆発・物の落下、その他偶然な事故によって、
被保険自動車に損害が発生した際に支払われる自動車保険です。


盗難や、当て逃げまで補償されるタイプの車両保険というものも存在しています。
車両保険に確実に加入するために、高価な高級車ではなく、
値段の手ごろな車を選ぶというのも一つの手です。




「車両保険の「料率」」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の車両料率クラスって? | 車両保険で、重要な車両料率クラスとは? | 車両保険の料率とは? | 自動車保険の車両クラスとは? |