Top >  車両保険の「等級」 >  車両保険の等級とは?

車両保険の等級とは?




車両保険には「等級」という概念が存在します。
この等級とは一体どのようなものなのでしょうか?
今回は、車両保険の等級についてご紹介します。


通常は新規契約で6等級から始まります。
そして1年間無事故(保険を使わない)と、翌年の等級は1等級上がり、
最高で16等級まで上がります。
この等級は保険の割引率にも関係しており6等級が割増割引きなし、
7等級で20%引き、8等等級で30%引・・・16等級からは最大割引の60%引きにまでなります。
つまり新規登録から10年間続けて毎年契約更新していて、
保険を一度も使わないと保険料は半額以下になるというわけです。


しかしこれは事故を起こさず保険を使わなかった場合の話です。
事故を起こし、保険を使うと、等級は一気に3つ下がることになります。
新規登録した年に事故を起こしてしまうと翌年は30%増しの3等級になってしまうのです。
最低は1等級で保険料は60%増。
ここまでくると保険会社からは契約を断られる可能性も高く、
またデータも残るので他社でも新規契約をしてくれないなんてことも起こりえます。
等級は事故歴のバロメーターになっているということを覚えておきましょう。


事故によっては保険を利用しても等級が下がらないケースもあります。
それは車両保険のみ、または車両保険と搭乗者傷害保険で、
火災・爆発・騒擾・労働争議・台風・竜巻・洪水・高潮・盗難・落書・窓ガラスの破損・飛び石など
落下中の他物との衝突による事故など。
ただしこのあたりは保険会社ごと見解がわかれるので、
それぞれの保険会社で確認してみるといいでしょう。




「車両保険の「等級」」 カテゴリー内記事一覧



車両保険で重要な等級と呼ばれるランクとは? | 車両保険の等級とは? | 自動車保険や車両保険の等級とは? |