Top >  車両保険の金額 >  車両保険の保険をかける時の金額の目安は?

車両保険の保険をかける時の金額の目安は?




自動車保険といえば、車両保険は外せない保険ですよね。
しかし、車両保険をかけると、少なからず保険料は高くなってしまいます。
今回は、車両保険の金額についてご紹介します。


車両保険は、車の衝突、接触、墜落、火災、盗難、台風、洪水、高潮など偶然な事故によって、
車両に損害を被った場合、契約金額(保険金額)を限度として保険金が支払われます。
ただし、車の損傷を修理することができる場合は修理支払限度額を限度としています。
バイクの場合は、盗難によって生じた損害は補償されません。


車両保険にはいくつかのタイプがあり、タイプによって補償される範囲が違い、
またその範囲に応じて保険料にも違いがあります。
ご自分の車両保険のタイプをよく理解しておきましょう。


・一般タイプ
あらゆる車両の損害をカバーします。
自分で電柱に追突しての自損事故や、相手の特定できないあて逃げの時も、
車両に受けた損害を補償します。


・車対車+A
車対車の事故による車両の損害の補償にプラスして、
災害による車両の損害や盗難(A)にも対応します。
ただし、自損事故や相手の特定できない事故の場合は適用しません。


・エコノミータイプ
相手の限定できる車対車の事故による車両損害のみ補償します。

車両保険の保険金額は、車種や初度登録時期や排気量などによって、
自動的に設定範囲を定められています。
購入価格30万円の車に300万円の車両保険を付けたり、
または高額の車に低い保険金額を設定することはできません。
ただし、ある程度の範囲がありますので、その範囲で自由に設定することは可能です。




「車両保険の金額」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の価格はどのぐらい? | 車によって大きく変わる自動車保険や車両保険の保険料 | 車両保険の値段はどのぐらい? | 車両保険の金額はどのぐらい? | 車両保険の保険をかける時の金額の目安は? | 車両保険の料金の知識 |