Top >  車両保険の金額 >  車両保険の料金の知識

車両保険の料金の知識




自動車保険に車両保険を含めると保険料が上がってしまいますが、
具体的にはどの程度上がるのでしょうか?
今回は、車両保険の料金の知識を見ていきたいと思います。


よく、車両保険は高い、といわれます。
間違いではないのですが、同じ保険金額の補償であってもクルマによって保険料は異なり、
高めの車と安めの車が存在します。


簡単に言うと、事故によって修理費が多く出るクルマや事故が多いクルマは
高めの料率で設定され、逆に修理費がかかりにくいクルマや事故が少ないクルマは
低めの料率で設定されます。


本来、お客さまごとににデータがとれればベストなのですが、
現実にはそれは不可能なため、まずは車種別(自家用、営業用、そして乗用車、貨物車など)に分け、
特に自家用乗用車については、「車両料率クラス」というグループを作り、
9段階に分けて料率を定めています。


この「車両料率クラス」というものは、クルマの型式(かたしき)によって分けられます。
また、データをとっているため、このクラスは年毎に見直され、変動しています。 


ハイクラスの乗用車やスポーツタイプの乗用車などは高めの傾向に、
ファミリータイプの乗用車やRV車、ワンボックスカーなどは安めの傾向にあるのが一般的です。


車を買うときに「値段の安い車ほど車両保険は安い」ということを頭に入れておくと
いろいろと便利でしょう。




「車両保険の金額」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の価格はどのぐらい? | 車によって大きく変わる自動車保険や車両保険の保険料 | 車両保険の値段はどのぐらい? | 車両保険の金額はどのぐらい? | 車両保険の保険をかける時の金額の目安は? | 車両保険の料金の知識 |