Top >  車両保険の裏ワザ! >  車両保険の上手な使い方

車両保険の上手な使い方




自動車保険や車両保険は事故が起きた時に保険料が下りるわけですが、
具体的にはどんな風に使うのでしょうか?
今回は、車両保険の上手な使い方などをご紹介します。


ちょっと車に傷がついた時、車両保険を使おうか、どうか迷ったことはありませんか。
事故を起こし保険や共済を使うと、次回の更新時に割引等級が下がります。
そのため次回から自動車保険の保険料が上昇する場合もあって、
修理の見積りをお願いした時「このくらいなら車両保険は使わない方がいいですよ」
とアドバイスを受けることがあります。
こういった場合でも必ず加入している保険や共済を取り扱っているところに確認してみましょう。


車両保険を使う場合100万円の損害でも、6万円の損害でも1度使うと、
割引等級が3等級下がる場合が一般的です。
けれど次回からの保険料は等級が進んでいた場合、変わらないこともあります。
たとえば20等級で60%の割引の適用を受けていたが、
更新時に16等級になったが割引率は60%のようなケ-ス。


また60%割引から50%割引になった場合でも年間の保険料の上昇は5000円という場合もあります。
たとえば損害額が6万円の場合保険料の上昇が5000円で
割引が60%になるまで4年かかる場合でも、
5000円×4=2万円は自己負担で直したときより有利ですね。


同じように割引率が60%から50%になった場合でも車両価格が高い場合等は、
保険料がかなり高額になるケ-スもあります。
車両保険や共済を使うかどうかは、契約内容によって違ってきますので
確認してから判断しましょう。




「車両保険の裏ワザ!」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の保険料を安くする裏技 | 車両保険のちょっとした裏技 | 車両保険のお得な利用法 | 車両保険に入っていても、ちょっとしたアクシデントなら保険料を請求しないほうがいい!? | 車両保険の上手な使い方 |