Top >  車両保険の裏ワザ! >  車両保険のお得な利用法

車両保険のお得な利用法





自動車保険といえば、人に怪我させてしまった時や、
物を壊した時などに保険料が支払われるものが多いのですが、
車両保険は自分の車のための保険です。
自分の車に万一の事があったときに保険料を受け取れます。
しかし、ちょっとしたコツで車両保険を今以上にお得に使うことができてしまいます。


車を売却しようと思っていたところ、運悪く事故を起こしてしまった。
こんな場合、修理するかどうか悩むところです。
普通は、そのまま査定に出した方が得です。
しかし、一般車両保険(ほとんどの車両事故に対応)をかけているとき、
ケース次第では保険を使って修理した方が得をすることもあります。


免責額(自己負担)と翌年の保険の等級ランク低下(3等級低下)によるマイナス、
さらに査定額の差をトータルで計算し、プラスになるかどうか判断します。
仮に免責額5万円、保険の等級ランク低下によるマイナス金額2万円とした場合、
7万円の出費になります。


この場合、修理によって査定額が7万円以上アップするのであれば、
自分で修理した方が得という計算になります。
微妙な問題ですから、査定をしてもらった店で相談するのも方法でしょう。


等級ランクの増減するパターンなどを研究してベストな選択をするようにしましょう。




「車両保険の裏ワザ!」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の保険料を安くする裏技 | 車両保険のちょっとした裏技 | 車両保険のお得な利用法 | 車両保険に入っていても、ちょっとしたアクシデントなら保険料を請求しないほうがいい!? | 車両保険の上手な使い方 |