Top >  安い車両保険について >  エコノミー車両保険とは?

エコノミー車両保険とは?




車両保険と一口に言っても、実は複数の種類があります。
もっとも補償範囲が広いのは「一般車両保険」というもので、
これだと自損事故や当て逃げといった事故でも、保険金が出るという
オールラウンドな保険になっています。
しかし、補償範囲が広いだけに保険料が高いのがデメリットです。


保険料を安く抑えたいという人向けに「エコノミー車両保険」というものがあります。
エコノミー車両保険とは、他車との接触事故や衝突事故の場合のみ補償される
(保険金が支払われる)車両保険のことで、当て逃げや自損事故(単独事故)、
自動車以外の他物との接触事故(自転車との接触事故など)、
災害などでの損害は補償されず、補償範囲を限定することで保険料が割安になります。


正式名称は自動車相互間衝突危険車両損害保険、
または車両危険限定担保特約付き契約となっていますが、
単に「車対車」と付記されている場合もあります。
また自動車同士の事故であっても、事故の相手が特定されなければ、
補償の対象外になっています。


また、一般車両保険とエコノミー車両保険の中間的な保険として
エコノミー+限定A特約車両保険というものも存在します。
これは、一般車両保険から、自損事故や当て逃げを除いた内容を補償する車両保険です。
保険料も中間的な感じになっているのが特徴です。


特徴を見極めて、自分にあった保険に加入すると良いでしょう。




「安い車両保険について」 カテゴリー内記事一覧



自動車保険や車両保険はどこが安いの? | 車対車の事故のみ補償してくれる車両保険「エコノミー特約」 | 車対車という名称の車両保険ってどんなもの? | エコノミー車両保険には要注意 | エコノミー車両保険とは? |