Top >  安い車両保険について >  車対車の事故のみ補償してくれる車両保険「エコノミー特約」

車対車の事故のみ補償してくれる車両保険「エコノミー特約」




車両保険の中には「エコノミー特約」と呼ばれるプランもあります。
今回は、この「エコノミー特約」についてご紹介します。


「一般車両保険」という基本的な車両保険は、当て逃げなどもカバーするという
オールラウンドな保険となっていますが、
「エコノミー特約」の場合は、補償範囲が狭くなります。
つまり保険料を安くするかわりに補償範囲を狭めたサービスというわけです。


正式名称を「自動車相互間衝突危険車両損害担保特約」というだけあって、
「車対車」の事故による損害の場合だけ保険金が支払われます。
いってみれば「一般車両保険」の「特約」。
安くするかわりに補償範囲は「車対車」の場合だけ、という約束なわけです。


この「特約」の内容をもう少し丁寧にいうと、
「事故相手が車」(二輪・原付も含むが、自転車は含まない)であり、
かつ「事故の相手が特定できている場合」のみが補償の対象となるということになります。


このエコノミー特約ができたきっかけは、車両保険の保険料が高いから、
もう少し安い保険がほしいという希望が多かったからだそうですが、
もちろんそのぶん補償範囲が狭くなってしまうため、
いつも以上の安全運転を心がける必要があります。




「安い車両保険について」 カテゴリー内記事一覧



自動車保険や車両保険はどこが安いの? | 車対車の事故のみ補償してくれる車両保険「エコノミー特約」 | 車対車という名称の車両保険ってどんなもの? | エコノミー車両保険には要注意 | エコノミー車両保険とは? |