Top >  安い車両保険について >  エコノミー車両保険には要注意

エコノミー車両保険には要注意





自分の車が傷ついたり、盗まれてしまったりした時に保険金が受け取れるのが車両保険ですよね。
しかし、契約内容によっては保険金が受け取れないケースもあるんです。
今回は保険料の安い「エコノミー車両保険」についてご紹介します。


エコノミー車両保険とは、車対車の事故のみを補償するという、
車両保険の中では最も補償範囲の狭い保険です。
その代わり、保険料が最も安くなっているという特徴があります。


とある人が、「残業代がカットされて、小遣いに困っているんですよね」なんて話を
保険会社の担当者にしたら「じゃぁ、もっと安い自動車保険に変えときますよ」
と言ってエコノミー車両保険に変えてしまわれたんだそうです。


その後、その人は不幸にも自損事故を起こしてしまいました。
しかし、残念ながらエコノミー車両保険は保険料が安いぶん、
単独事故が免責になっています。


たとえば、電柱やガードレールに衝突した、当て逃げされた、
または車庫入時に塀や壁にぶつけた時はもちろん、
崖から転落にも単独事故として処理されるので、保険金がおりないのです。
その他の免責内容としては、自転車との接触事故もあげられます。


保険会社任せにせず、自分で保険の内容を理解しておくのが大切だというわけですね。




「安い車両保険について」 カテゴリー内記事一覧



自動車保険や車両保険はどこが安いの? | 車対車の事故のみ補償してくれる車両保険「エコノミー特約」 | 車対車という名称の車両保険ってどんなもの? | エコノミー車両保険には要注意 | エコノミー車両保険とは? |