Top >  車両保険と車の入れ替え >  車両入替をしたときに、自動車保険はどうなるの?

車両入替をしたときに、自動車保険はどうなるの?




買い替えなどで車両入替をしたときに、自動車保険はどうなるのでしょうか?
今回は、車両入替時の自動車保険についてご紹介します。


新しい車を購入した場合、自動車保険は新たに入り直さなければならないのでしょうか?
新たに車を購入(注)して、今まで自動車保険を付けていた車(被保険自動車)が
変更となった場合には、車両入替の手続きを行うことにより
今までの等級を継承します。
車両入替は、以下の全ての条件を満たした場合に行っていただきます。
(注)1年以上を期間とする貸借契約に基づいて新たに借入れたお車を含みます。

1、車両入替後のお車の所有者が次のいずれかの方であること。
・被保険自動車の所有者(所有権留保条項付売買契約の買主・貸借契約の借主を含みます。)
・被保険自動車の保険契約の記名被保険者またはその配偶者
・被保険自動車の保険契約の記名被保険者またはその配偶者の同居の親族

2、車両入替後のお車の用途・車種が被保険自動車の用途・車種と同一であること。
※ただし、異なる用途・車種間であっても、同一の用途・車種とみなして
  車両入替ができる場合もあります。


ところで、車両入替は新しい車を購入した場合にしかできないのでしょうか?
被保険自動車を廃車・譲渡された場合(注)は、
すでにお持ちの他のお車との車両入替も可能です。
(注)リースカーを貸主に返還した場合を含みます。


といったわけで、条件を満たせば自動車保険を受け継ぐ事は可能なようです。
詳しくは、加入している保険会社に問い合わせるといいでしょう。




「車両保険と車の入れ替え」 カテゴリー内記事一覧



車の入れ替えをしたら、車両保険はどうなるの? | 任意保険に加入している時に車両入れ替えをしたいんだけど? | 車両入替をしたときに、自動車保険はどうなるの? | 自動車保険や車両保険に入っている時に、車を入れ替えるとどうなる? |