Top >  車両保険の車種別ポイントとは? >  盗難されやすいランドクルーザーには車両保険を

盗難されやすいランドクルーザーには車両保険を





トヨタの人気がある車といえばなんといってもランクルことランドクルーザー。
しかし、ランドクルーザーは人気があるあまり、
車両窃盗団も目をつけているようで、非常に盗難率が高いようです。


2度の車両盗難遭遇記』というサイトの体験記がとても参考、というか教訓になるので紹介します。
まさか、自分のランドクルーザーが盗難被害に遭うとは思っていないかもしれませんが、
この体験記の筆者もまさにそう思っていたそうです。


(引用ここから)


1999年ゴールデンウィーク初日の4月29日12:30頃、
連休の用意の為家族と共に買い物に出かけようと、当時住んでいたマンションの近隣に借りていた
月極駐車場へ向かった。


その駐車場は広い都道に面しており、交通量も多く、
そして目の前には交番(交番から見たらとても現場がよく見える位置)や
24時間営業のコンビニまであり、某私鉄の乗換駅徒歩1分という環境だ。


さらに連日その付近は道路工事で深夜作業の工事関係者も大勢いたというのに、
そのような状況下忽然と我がランクルは姿を消していた。


あるべき所に愛車がない!というような現実に直面してもその時点で
“愛車が盗難に遭う”などという概念が全く無かったボクにとって、
「盗まれた」と考えが及ぶまでに相当の時間がかかった。


酒飲みのボクは車で出かけて飲んでしまい、飲み屋に車を置いてきたり、
会社に車を置いてきたりという行動が多かった上、
飲み過ぎて前日の記憶が曖昧なことも少なくなかった。


当然ドコに車を置き去りにしてきたのか考えこむ、
きっと本能的に“愛車が盗まれた”という最悪の事態を受け入れる事を拒否しているのであろうが、
恐る恐る正確に昨夜の行動をトレースしてみる。


4月28日の晩は連休前でとても忙しく残業して帰宅したのが0:30
(4月29日)だった、駐車場に停めたとき小雨が降っていて車の中に常備している
置き傘をリアのドアを開けて取り出しさして帰った。


確かに昨夜はココに停めて帰ったと確信するもまだボクの本能は抵抗を続ける。
まさかありえない事なのに弟の所に電話して「ボクの車に乗っていった?」等と
間抜けな質問をする始末で、そしてようやく最悪の現実を認識することになり
目の前の交番に被害届を出しに行った。


担当の警察官に車を盗まれた旨申し述べると「被害の場所はドコですか?」と
尋ねられてボクは交番の中から目の前の月極駐車場を指差し、
「あの車とあの車の間の空いている所だ!」と述べた。


それほどまでに交番から良く見える場所で盗難にあったのである。
にもかかわらず何の緊張感も無くおざなりに被害届けを作成している
警察官の姿に憤りを覚えつつ一通り被害届を出すと千○署から、
刑事課の刑事らしきひとたちがやってきて簡単に現場検証していたがやはり覇気が感じられない、
被害者の心情を鑑みてもう少し真剣に捜査するフリだけでもすれば良いのにと
又憤りつつ現場検証を終えた。


現場にはガラスを割ったような形跡や遺留品などは何も無く、
手口の鮮やかさをうかがわせるものだった。


(引用ここまで)


これを読んでどう思いますか?
ほとんどの人は筆者と同じように、愛車の盗難への備えなんてしていませんし、
その現実を受け入れるのにはやはり時間がかかるのではないでしょうか。


加えて最近の日本の治安の悪さ、です。
上記の体験談では人通りの激しい、しかも交番の近くでランドクルーザーが盗難されています。
いきなり路上で刃物を振り回す人間がいる世の中になってしまいましたから、
自動車の窃盗団くらい、蔓延っていても不思議ではないと認識しておいた方が良さそうです。


特にランドクルーザーをはじめ、高級車はかなり盗難されやすいようですね。
こういった車を所有する時は、盗難を保障してくれる車両保険に加入すべきでしょう。
もちろん併せて、防犯ブザーなどの最低限の自己防衛策は施しておきましょう。


高級車を持つにはそれなりの覚悟と対策、そして費用がかかると心に決めておくべきですね。




「車両保険の車種別ポイントとは?」 カテゴリー内記事一覧



盗難されやすいランドクルーザーには車両保険を | ハリアーの車両保険に入るときは料率クラスに注意 | ランクル100に車両保険は必須? | ベンツと車両保険の関係 | ランクルには車両保険が必須!? | ポルシェの車両保険ってどのぐらいの保険料なの? |