Top >  車両保険と盗難 >  盗難にあったときは、車両保険はどう対応するの?

盗難にあったときは、車両保険はどう対応するの?




車両保険は、契約内容にもよりますが、車が盗難された時でも対応してくれます。
今回は、盗難時の車両保険の対応についてみていきましょう。


Yahoo!保険の記事によると

(引用ここから)

車両本体の盗難事故
車両本体の盗難の場合、適応する保険の種類は、自動車保険のなかでも
「車両保険」という部分です。さらに、車両保険の中で、
<一般> または <車両危険限定担保特約(A)>と呼ばれるタイプ※1が、
原則として適用されることになります。
盗難に適用されないタイプの車両保険もあるので、
自分の保険のタイプをよく確認してください。
なお、自動車保険に車両保険が付いていなければ補償はされません。

車上荒らしによる盗難事故
車の備品や付属品である、カーナビ・カーオーディオ・ホイールなどが盗難にあった場合、
その被害を補償するのも車両保険です。ただし補償されるのは、
車に固定されたもののみとなります。
したがって、車内に積んでいたゴルフバッグ・バッグ・衣類(固定されていないもの)には
適用されないことになりますが、
こういった日用品など車に積載されたものを補償する特約※1をセットにできる、
という商品もあります。
ただし日用品の盗難は、一般の賠償保険や傷害保険でも補償されます。
これらの保険に別に加入している時は、特約を付ける必要はありません。

※1 名称や担保するものの条件は、保険会社によって違います。
  詳しくは各保険会社にご確認ください。

(引用ここまで)


とのことです。
盗難時に備える時には、盗難時に保険料が下りる車両保険に加入しておきましょう。




「車両保険と盗難」 カテゴリー内記事一覧



車両保険にはいっていた場合に、車を盗難されたらどうなるの? | 車両保険に入っていても車両盗難にはご注意を | 盗難にあったときは、車両保険はどう対応するの? |