Top >  車両保険と軽自動車 >  軽自動車の時は、車両保険はどうなるの?

軽自動車の時は、車両保険はどうなるの?





自動車といってもいろいろな種類があり、
何トンもある大型の車から、小型の軽自動車まで、種類はとても様々です。
自動車税なども車種によって大きく異なりますが、
自動車保険や車両保険も同様です。
ここでは、軽自動車の車両保険についてご紹介します。


自動車保険料は車によって高い安いがあります。
これは車種と型式によって決まるのですが、
安い車に乗っていると同じ条件でも比較的安い保険料で加入できます。


特に重量税なども優遇される軽自動車は、普通乗用車と比べて自動車保険料もかなり割安です。
仮に普通自動車で15万強くらいになる内容でも、軽自動車なら12万円弱で入れたりします。
経済性最優先ということであれば、軽自動車がもっともお勧めと言えます。


余談ながら、逆にBMやベンツなどの高級車はどうなのでしょうか。
実は対人や対物、人身障害などは、安全装置が充実していることもあって、
車種にもよるもののトヨタのカローラあたりとほぼ同等かちょっと高いくらいです。
大きく変わるのが車両保険をつけたときで、
特に新車ともなれば車両に600万や700万の保険金が掛かりますから、
等級が高くても年間30万くらいの保険料になることがあります。


車を買うときは、かかる保険料を考えることも非常に重要なことです。
無理して高級車を買うより、無難に軽自動車で我慢しておいたほうがいい場合もあるわけです。




「車両保険と軽自動車」 カテゴリー内記事一覧



軽自動車の場合、車両保険はどうなる? | 車両保険に入るときに、軽自動車や新車の時はどうなる? | 軽自動車の時は、車両保険はどうなるの? |