Top >  車両保険と軽自動車 >  車両保険に入るときに、軽自動車や新車の時はどうなる?

車両保険に入るときに、軽自動車や新車の時はどうなる?




一口に自動車保険や車両保険とはいっても、
保険をかける対象の車は、いろいろな状態のものがありますよね。
今回は、新車の場合と、軽自動車の場合を見ていきたいと思います。


事故でクルマが損傷を受けても、車両保険から受けられる補償はそのクルマの修理費か、
クルマの時価額が上限です。
新車の場合、補償で同じものに買い替えるのはまず不可能です。
しかし新車の場合は、新車特約を付けておくと、契約時に設定した価格を限度として
新車の購入に見合う補償が受けられます。
もちろん、かすり傷ひとつで新車代全額が出るわけでなく、
修理費が購入時の価格の60%以上で全額補償などの条件があります。
これは、新車を買うときにはぜひとも検討しておきたい保険ですよね。


軽自動車の場合は、保険料が安くなるという特徴があります。
軽自動車は、普通乗用車と比べて自動車保険料もかなり割安になります。
仮に普通自動車で15万強くらいになる内容でも、軽自動車なら12万円弱で入れたりします。
経済性最優先ということであれば、軽自動車がもっともお勧めと言えます。


購入する車にあった保険を選択するようにしましょう。




「車両保険と軽自動車」 カテゴリー内記事一覧



軽自動車の場合、車両保険はどうなる? | 車両保険に入るときに、軽自動車や新車の時はどうなる? | 軽自動車の時は、車両保険はどうなるの? |