Top >  車両保険と新車 >  新車を買うときは車両保険の「新車特約」を

新車を買うときは車両保険の「新車特約」を





自動車保険や、車両保険にはいろいろな種類がありますよね。
保険会社によっていろいろな差があり、
どういった保険をかければいいのか悩んでしまうかもしれません。
ここでは、新車を買うときに便利な「新車特約」についてご紹介します。


事故でクルマが損傷を受けても、車両保険から受けられる補償はそのクルマの修理費か、
クルマの時価額が上限です。
新車の場合、補償で同じものに買い替えるのはまず不可能です。
しかし新車特約を付けておくと、契約時に設定した価格を限度として
新車の購入に見合う補償が受けられます。
もちろん、かすり傷ひとつで新車代全額が出るわけでなく、
修理費が購入時の価格の60%以上で全額補償などの条件があります。
これは、新車を買うときにはぜひとも検討しておきたい保険ですよね。


自動車保険は対人・対物といった主契約に加え、
保険範囲を広げるサービス「特約」があります。
ファイミリーバイク特約や弁護士費用特約のように、
主契約では補えない部分まで保証範囲を広げられます。
もちろんそのぶん保険料は上がりますが、事故の際は大変便利です。主契約と併せて検討してください。


保険自由化以降、非常に多くの特約が登場しており、多くの特約があります。
また、特約は保険会社によって内容や名称が異なる場合があります。契約の前に必ず確認してください。




「車両保険と新車」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の新車割引とは? | 新車を買うときは車両保険の「新車特約」を |