Top >  車両保険と新車 >  車両保険の新車割引とは?

車両保険の新車割引とは?





自動車というものは言うまでもありませんが、結構値段の高いものですよね。
新車の場合はなおさらです。
この自動車の代金以外に保険料もかかってくるので、
経済的にゆとりのある人以外は、支払いが結構大変なのではないでしょうか。
しかし、そんな時は車両保険の「新車割引」が便利です。


自動車の任意保険には、各保険会社にいろいろな割引制度があります。
任意保険の割引制度を上手く利用して、保険料を抑えましょう。
任意保険の割引制度に、「新車割引」というのがあります。
新車割引は、被保険自動車の初度登録年月から、保険開始年月までの期間が、
一定期間内だった場合に、任意保険料が割り引かれる制度になります。
この新車割引の対象になるのは、多くの場合自家用普通自動車と、
自家用小型乗用車で、保険会社で異なりますが、
初度登録年月から、保険開始年月までの期間は、大体25ヶ月以内だそうです。
新しく購入した車は、丁寧に運転する人が多く、事故の可能性が低いため、
任意保険料が割り引かれるようです。
これが、自動車の任意保険の割引制度の一つ、新車割引です。


保険料が高くなるのを嫌って車両保険に未加入だと、
万一事故を起こした時に大変な事になってしまいます。
新車割引を使って、上手に車両保険に加入しましょう。




「車両保険と新車」 カテゴリー内記事一覧



車両保険の新車割引とは? | 新車を買うときは車両保険の「新車特約」を |