Top >  車両保険と自損事故保険 >  車両保険と関連性が高い自損事故保険とは?

車両保険と関連性が高い自損事故保険とは?




今回は、車両保険と関連性が高い「自損事故保険」のご紹介です。


相手を巻き込むことなく、運転者の責任で起こした事故には
「自損事故保険」が適用できます。
たとえば、ちょっと居眠りをしたためにガードレールに突っ込んでしまったとか、
スピードの出し過ぎでカーブを曲がりきれず道路脇の斜面をすべり落ちたなど、
単独事故はどこにでもひそんでいます。


運転者や、その同乗者が負傷したり、後遺障害を負った場合に保険金をうけとることができます。
亡くなった場合、後遺障害と診断された場合どちらも支給額として1500万円が一般的のようです。
また、入院や通院などの医療費も日数に応じて保険金が支払われます。
1日あたりの支給額は、入院で6000円、通院で4000円がだいたいの目安です。


これらは搭乗者傷害保険とは別に受け取れる保険金です。
事故相手に対して補償をする「対人賠償保険」を契約すると、
逆に自分を守る保険として「自損事故保険」がセットになっていることが多いようです。
そのため、この保険はあまり認知されていないのかもしれません。
けれども加入しておけば、いざというときにとても心強いですね。


自分で勝手に起こした事故だからとあきらめる前に、
まずは加入の保険会社に連絡をするとよいと思います。
ただし、飲酒運転や無免許での単独事故や、自殺を目的とした事故の場合には適用されません。


もちろん、保険に入っていても、細心の注意を払って安全運転を心がける事を
忘れないで下さい。




「車両保険と自損事故保険」 カテゴリー内記事一覧



車両保険と関連性が高い自損事故保険とは? | 車両保険と関連性の高い自損事故保険とは? |